HARADA

instagram facebook line twitter youtube cart

WATCH

クエルボ・イ・ソブリノス ヴェロ DOMINGO ROSILLO 3205.1N

型番
3205.1N
価格
¥ 460,000(税別)

ドミンゴ ロシーヨ、長い間失われてきた航空の英雄

人々が航空の先駆的な時代について考えるとき、いくつかの明白な名前が頭に浮かぶ。

1909年にイギリス海峡を渡ったルイ ブレリオ(Louis Bleriot)と、1927年に彼のスピリット・オブ・セントルイス号に乗って大西洋の上を飛んだチャールズ リンドバーグ(Charles Lindbergh)。

しかしあまり良く知られていないキューバのドミンゴ・ロシーヨ・デル・トロも航空機の殿堂に正当な立場を持っています。

1912年後半、ドミンゴ ロシーヨ(Domingo Rosillo)はパリにいて、ルイ ブレリオその人が運営する航空学校で国際飛行免許を取得しました。

同じ場所と時間に別のキューバ人アウグスティン パーラ(Augustin Parla)がいました。

そして彼は航空記録の探求で彼と激しく競い合うライバルになりました。

ハバナ市が、キーウェストアメリカからハバナまでの約90マイルの危険な解放水域を渡る最初の人に1万ドル(今日の価値で約25万ドル)の賞金を提示したことで、その対立を煽りました。

感じるままに飛ぶ

当時の飛行は非常に危険な任務でした。

そのため、世界中の何百人もが記録破りなパイロットとその偉業によって魅了されていました。

1913年5月17日、Domingo Rosilloはわずか50馬力のローターエンジンのモラーヌ・ソルニエ単葉機に乗り込みました。

同じ日に離陸しようとしていた彼のライバルParlaは、技術的な問題に悩まされ断念しました。

彼は幸運のお守りとして彼に与えられていた猿とキーウェストから理想的ではない条件の中離陸しました。

彼がコンパスなしで飛んだので、3つのキューバ海軍戦が後悔の援助としてルートに沿って同行しました。

彼が問題に遭遇したならば、発見され救助されるという保証がないフロリダ海峡のサメが出没する水の中に不時着するしかないというところです。

2時間かけてほぼ視界が無い状態で飛行をした後、ハバナ要塞から3発の礼砲が聞こえ、小艦隊のボートの群れが見えました。

燃料とオイルを使い果たす危険を冒した2.08時間の飛行の後、彼は着陸しました。

彼はキャンプコロンビアの敷地内で5万人の歓喜した群衆に迎えられ、開放水域上での史上最長の長距離飛行で新しい世界記録を達成しました。

ロシーヨはまた、キーウェストの市長からハバナの市長に郵便物を配達したことによって、キューバでの最初の航空郵便のパイロットになりました。

紳士的な対立

思いとどまらないために、わずか2日後、彼のライバルであり紳士のパイロット、アウグスティン・パーラはカーティス水上機で同じ偉業を試みました。

コンパス、勇気、そして大きな決意を持ったロシーヨの宿敵は、より長い時間をかけて117マイルを飛行してマリエル港に着陸し、敗北の窮地からある種の勝利を奪い取りました。

彼が得た5000ドルの残念賞は、ロシーヨがたった2日前に獲得したものの半分でした。

しかし、ロシーヨが最初であり、彼の鉱石を航空の「名誉の殿堂」に入れることに対して低く評価されることはありませんが、彼の偉大な功績は数々の新しい記録の中で埋もれていました。

彼の名前を再び有名にすることが、Vuelo Rosilloコレクションのインスピレーションであり勇敢な紳士パイロットにふさわしいオマージュです。

凍結された飛行の伝説「ヴエロ ロシーヨ」

Cuervo y Sobrinosは革命前のキューバに深い根を持つ1882年に設立されました。

ラテン系の魅力、快楽主義、贅沢、葉巻の煙で満たされたカジノ、優美さ、異国情緒、そして征服の精神が起源です。

クエルボ ファミリーは、スイス製の時計を輸入することから始めました。

その後スイスでも独自のコレクションを開発し、それらはなくてはならないスタイリッシュな時計になりました。

ヘミングウェイ、チャーチル、パブロ・ネルーダ、アインシュタイン、カルーソなどの20世紀の著名人達がクエルボ・イ・ソブリノスハバナのブティックを訪れました。

ドミンゴ ロシーヨの功績はこのエレガントな絵にきちんと収まります。

キーウェストとハバナの間の90マイルを象徴するダイヤルカラーで90個の限定版:永続的なオマージュとしてCuervo y Sobrinosは新しいVuelo Rosilloコレクションを発表しました。

RosilloはCuervo y Sobrinosの名称で製造される最初のパイロットレンジです。

それはパイロット・ウォッチの典型的な特徴を備えたスポーツ・ウォッチです:大きな数字、高い視認性のダイヤルと時計の世界でブランドをとてもユニークにするラテンのレトロシックに貢献するパイロットのストラップ。

Vuelo(スペイン語で「飛行」の意味)はこの範囲に完全に適合し、ブランドのレトロとヴィンテージのDNAを統合するのに役立っています。

時が経てば、より現代的な商品群が、ブランド価値をより現代的でファッショナブルな新しい領域に移すでしょう。

Rosilloの洗練された44mmケースは現代のロータリーバイブレーターで熟成されています。

仕上げは1ケースあたり最大10時間かかる長いプロセスです。

その結果は際立っています:同じ風格を持つ時計は2つと無く、よりユニークさと個性が加わります。

すべての時計の裏側には、Rosilloの大胆な偉業の刻印があります。

飛行ルート、飛行日および美しく巧妙に作られた飛行機のイメージ。

Rosillo 起源

各文字盤には彼に敬意を表して発行された切手に基づく古い時代のデザインと相まって、その希少性を強調するRosilloの銘が刻まれています。

ダイヤルは慎重に選ばれた4つの異なる色があります。

ブラックは針や他の技術的特徴と退避されるときそれが伝統的に高い視認性を提供するパイロットの色だからです。

ブルーはキーウェストとハバナを隔てる海の青を象徴しています。

クリームは不朽のそしてほとんどすべての服と容易に融合するスタイリッシュで画期的な色です。

カーキグリーンは、Rosilloがキューバ軍の大佐になったためです。

数字と針は、最高の残光性能と終夜の読みやすさを保証するために、Super Luminovaでコーティングされています。

もう1つの技術的な特徴は、12時のCuervo y Sobrinosマークです。

これは、一晩中貴方を驚かせることができるように細心の注意を払って取り付けられました。

ストラップはオートバイのアクセサリーに使用される非常に耐性の高い素材であるカンガルー革と、このレトロでシックな絵を完成させるカーフスキンで作られています。

型番 3205.1N
ケース径 44.0mm
ケース厚 11.4mm
ケース素材 (大砲のような色の)経年加工ステンレススティール
防水性 3ATM
ストラップ カーフスキン、高耐性カンガルースキン、ステンレススティール製ピンバックル、CySエンブレム彫刻
ムーブメント 自動巻き、CYS 5123、42時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、25石、ローターに特別なCYS装飾
仕様 時、分、セントラルセコンド・日付表示、ダブルカーブサファイアクリスタルに無反射コーティング、ロシーヨのエッチングを施したメダル

商品は、予告なく販売終了になる場合がございます。

商品をお届けできなくなってしまった場合は、ご注文のキャンセル処理(既に決済手続きを行っていただいている場合は返金処理)を行わせていただきますので、あらかじめご了承ください。

ABOUT

品質は、人がつくる。
信頼は、時がつくる。
確かなことは、安心です

お客様の満足と信頼が、私たち「ハラダ」の誇りです。
1929年の創業より 徳島に在り続けてきた信頼と実績
時計・宝飾・眼鏡のことなら、各種ブランド正規販売店「ハラダ」をお訪ね下さい。

株式会社ハラダ
         

770-0912 
徳島県徳島市東新町1丁目21-1
TEL/088-622-6872 
FAX/088-655-1236
OPEN/10:00 ~ CLOSED/20:00
年中無休/元日を除く
PRIVACY POLICY
古物商許可:徳島県公安委員会 第801010001664号