HARADA

instagram facebook line twitter youtube cart

INFORMATION

四月の誕生石「ダイヤモンドの選び方」

四月の誕生石 ダイヤモンドの選び方

みなさんこんにちは!
突然ですが、四月の誕生石をご存知ですか?

ヒントは”○○○○○○は永遠の輝き”のキャッチフレーズで有名なあの宝石です。

そう”ダイヤモンド”です。(タイトルに書いてある。)
初めて貰った、もしくは、自分で買ったジュエリーがダイヤモンドだったという方も多いのでは無いでしょうか?

四月は出会いや始まりの季節です。

人間関係が広がり、新しい集まりや色々な場へ出かけていく事が増えます。

そんな時、ダイヤモンドのネックレスやピアスなら目立ちすぎる事なく、素敵なイメージを相手に伝える事ができます。
まだ、お持ちでない無い方のファーストジュエリーに新しい自分を演出したい方のコレクションの一つに。
ハラダでは1万円台のお求めやすいアイテムから記念日の贈り物や、自分へのご褒美にぴったりなハイクラスなアイテムまでダイヤモンドジュエリーを取り揃えております。
昨今、外出する事が難しい状況ですので、通販でもご購入いただけるようにご対応しております。
是非ハラダのダイヤモンドをご覧いただければ幸いです。どうぞお気軽にお問い合わせください。

最後に豆知識を一つ。

「ダイヤモンドの4cとは」
4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、 カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。

・Carat(カラット):重さ
カラットは「重さ(重量)」を表す単位です。1カラット=0.2グラムで、重くなればなるほど希少価値が高くなります。
カラットは、「○ct」と表示され、1ct=0.200gで、1gは5ctとなります。
通常、電子デジタル天秤を用いて千分の1カラットまで測定し、小数点第3位を8捨9入するか、第3位まで表示します。

カラット

・Clarity(クラリティ):透明度
クラリティは、「透明度」を表す基準です。
キズ・欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。
包有物が多いと透明度が下がり、その分輝きを損なってしまうので、透明度が高いほど評価も高くなります。

クラリティ

・Color(カラー):色
ダイヤモンドは無色透明ではなく、わずかに色が認められます。
その地色は、黄色がかっていたり、褐色がかった色合いですので、無色にどれだけ近いか、離れているかが評価の基準になります。
ダイヤモンドの色が黄色になればなる程、希少性がさがります。
しかし、ある一程の黄色味を超えると、ファンシーカラーという評価がされ、他の基準でグレーディングされます。
ファンシーカラーは他にも赤、ピンク、青、緑があります。

カラー

・Cut(カット):プロポーション
カットはダイヤモンドの美しさに人間が関与できる唯一の要素です。
一見ガラス玉のように見える原石も、ブリリアントカットにすると、輝きが一挙に増します。
輝きが十分に発揮される適切なカットは、外観に影響する為、石の価値を決める上で大切な要素の一つになっています。
高品質なダイヤモンドは以上4つの指標によって価値が変わってきます。

カット

お求めになる際には、是非気にしてみてください。

以上、 ジュエリー部の松永でした!
ありがとうございました。

一覧へ戻る

ABOUT

品質は、人がつくる。
信頼は、時がつくる。
確かなことは、安心です

お客様の満足と信頼が、私たち「ハラダ」の誇りです。
1929年の創業より 徳島に在り続けてきた信頼と実績
時計・宝飾・眼鏡のことなら、各種ブランド正規販売店「ハラダ」をお訪ね下さい。

株式会社ハラダ
         

770-0912 
徳島県徳島市東新町1丁目21-1
TEL/088-622-6872 
FAX/088-655-1236
OPEN/10:00 ~ CLOSED/19:00
年中無休/元日を除く
PRIVACY POLICY
古物商許可:徳島県公安委員会 第801010001664号